有望な社員とはどんな人?

会社の社員において有望な社員としての条件は「いつでも堂々としている人」と言えるでしょう。若手でも会議で思い切って手を挙げて発言する新人や、大勢の前でプレゼンやスピーチをしても動じず、堂々としている新入社員などは有望といるでしょう。
また、会社の中ではコミュニケーションが大切です。人付き合いがうまく先輩からも後輩からも慕われる人も有望と言えるのではないでしょうか。
なお、物事に取り組む態度が前向きであることも大切です。たとえ失敗したとしても、その失敗をバネとして、常に前向きに成功を目指す姿は、有望な社員の特徴的な姿と言えます。
その他、細かいこととしては柔軟な発想ができる人や、気遣いができる人は出世も早いと言えるでしょう。

有望な社員の見つけ方

有望な社員を見つけるには、社員研修にて人をグループ分けして課題を与えて発表会を開催すると良いでしょう。
まずは、グループ内での社員の様子をつぶさに観察します。グループ内にて積極的に発言している人は有望株です。とくに、新入社員であれば、ハキハキ・明るい・元気が大切です。また、先輩のアドバイスを素直に受け入れる素直さも見所です。グループ内での討議時に気配りや我慢ができているかどうかも判定材料となります。自分の意見を言うだけではなく、周りの意見もしっかりと聞ける人が優秀な人材と言えるでしょう。
なお、発表は自分がやると言い出すくらいの積極性のある人はとても期待が大きいです。
これらの視点にて一人一人を見ていると有望な社員は見つかります。